第5回 極端宇宙天気研究会 開催のお知らせ

第299回 生存圏シンポジウム
平成27年度 国立極地研究所 研究集会
平成27年度 STE現象解析ワークショップ
「第5回極端宇宙天気研究会」

日時:2015年11月11日(水) - 12日(木)
場所:名古屋大学グリーンサロン東山1F会議室 (キャンパスマップのD1④)
URL: http://www.nagoya-u.ac.jp/access-map/index.html

研究会の概要:
 本研究集会では、太陽圏・磁気圏・電離圏・高層大気の研究者が集まり、太陽活動が極端に低下する「グランドミニマム」期における太陽圏・地球圏システムへもたらすインパクトを中心とした議論を通して、太陽地球系物理の理解を深めることを目指します。
  近年の太陽活動度は、2008年の極端に活動度が低下した第23サイクル極小期を経て、低調な第24サイク ルの極大期を迎えました。現在第24サイクルも減衰期に入りつつあり、数年後に極小期を迎えます。太陽活動が今後さらに低下を続けると、 17世紀のマウンダー極小期のような太陽活動が極端に弱い状態が長期に亘る「グランドミニマム」期に入る可能性があります。太陽活動の極端な低下の影響により、短期的にはオーロラ活動や磁気圏活動への影響、長期的には気候への影響が懸念されます。

 また、グランドミニマム期に限らず、最新の宇宙天気イベントの解析や、進行中の研究の初期結果の紹介なども歓迎致します。特に学生や若手研究者の方の参加も歓迎致しますので、積極的なご応募をお待ちしております。

 

プログラム

 

11/11(水)
世話人連絡 塩田
13:00 - 13:25 宮原ひろ子 (武蔵野美術大学)
      マウンダー極小期の太陽圏と宇宙線変動
13:25 - 13:50 堀田英之(千葉大学)
      太陽ダイナモから考えるグランドミニマム
13:50 - 14:15 政田洋平(愛知教育大学)
      対流ダイナモの励起条件から探る太陽活動のグランドミニマム

14:15 - 14:35 片岡龍峰(国立極地研究所)
      グランドミニマムの太陽風構造について

休憩20分

 

14:55 - 15:15 亘 慎一(情報通信研究機構)
      サイクル24の太陽風と1999年5月10-12日の低密度太陽風イベント
15:15 - 15:35 岩木美延(九州大学)
      磁場のない太陽風に対する地球磁気圏の応答
15:35 - 15:55 海老原祐輔(京都大学)
      惑星間空間衝撃波到来時の内部磁気圏変動
15:55 - 16:15 栗田怜(名古屋大学)
      強い放射線帯を形成するコーラス波動についての仮説
16:15 - 16:35 寺本万里子(宇宙科学研究所)
      磁気静穏時に内部磁気圏で引き起こされるULF波動と高エネルギー粒子の関係

休憩20分
 

 

16:55 - 17:15 早川尚志 (京都大学)
      775年及び994年の極端宇宙天気現象に纏わる同時代史料とその考察
17:15 - 17:35 河村 聡人(京都大学)
       清代におけるオーロラ記録の統計的傾向とその内容
17:35 - 18:00 鈴木 建(名古屋大学)
      太陽風の逆流現象

18:00 - 20:00  懇親会 レストラン 花の木(名古屋大学グリーンサロン東山1F)

11/12(木)
 9:30 -  9:50  西谷 望(名古屋大学)
      極端静穏時における電離圏対流の特性について
 9:50 - 10:10  菊池 崇(名古屋大学)
      磁気圏電離圏対流と磁気圏波動に共通する電離圏電場特性
休憩20分

10:30 - 10:50 藤田茂(気象大学校)
      南IMFでのnull-separator構造と磁気圏対流
10:50 - 11:10 田中高史(九州大学)
      対流変動によるサブストームの発生
11:10 - 11:30  阿部修司(九州大学)
      九大多磁場観測網を用いた地磁気誘導電流関連研究の展開と展望
お昼休憩90分

13:00 - 13:50 鷲見治一 (アラバマ大学)
      太陽圏外圏構造と銀河宇宙線輸送過程
13:50 - 14:15 三宅晶子(茨城高専)
      太陽圏内における宇宙線変調の22年周期変動
14:15 - 14:30 松本倫明(法政大学)
      AMRコードSFUMATOによる太陽圏モデルの構築: モデルと性能評価
休憩20分

14:50 - 15:10 塩田 大幸(名古屋大学)
      フラックスロープを含むCME伝搬過程のMHDシミュレーション(SUSANOO-CME)
15:10 - 15:30 山野内 雄哉(名古屋大学)
      太陽風予測モデルSUSANOO-SWの予測精度改良の試み
15:30 - 15:50 伊集朝哉(名古屋大学)
      2015年3月17日磁気嵐を引き起こしたCME-CIR複合イベントの解析
15:50 - 16:10 桂華 邦裕 (名古屋大学)
        2015年3月17日磁気嵐中のリングカレントイオンの振る舞いについて
閉会のあいさつ 桂華

 

招待講演者(敬称略):

鷲見治一(アラバマ大学)

鈴木建(名古屋大学)

宮原ひろ子(武蔵野美術大学)
三宅晶子(茨城高専)

政田洋平(愛知教育大学)

堀田英之(千葉大学)

寺本万里子(宇宙科学研究所)

栗田怜(名古屋大学)

 

世話人:
塩田大幸(名古屋大学)
桂華邦裕(名古屋大学)
片岡龍峰(国立極地研究所)
海老原祐輔(京都大学)
西谷望(名古屋大学)
亘慎一(情報通信研究機構)
阿部修司(九州大学)
 

詳細が決まり次第、随時こちらのページを更新していきます。